模擬店イベント向けホットショーケース・缶・ペットボトルウォーマー・〈ガス〉業務用角蒸し器・〈電気〉中華まん蒸し器を、全国対応でレンタルしています。

缶、ペットボトルウォーマーの使用方法

各部の名称

各部の名称

必ずお守りください(ご注意)

  • 炭酸飲料は絶対に温めないでください。
    破裂する恐れがあります。
  • 運転中は「ヒーター機」に手を触れないでください。
    ヤケドの恐れがあります。
  • 栓を開けた飲料など「湿気の出る物」は温めないでください。
    感電の恐れがあります。
  • 飲料容器がぬれている場合は、よくふきとり入れてください。
    感電の恐れがあります。
  • ぬれた手で電源スイッチを操作しないでください。
    感電の恐れがあります。
  • 牛乳や食品は温めないでください。
    品質が劣化する恐れがあります。
  • 「コールド専用品」の表示がある飲料は、温めないでください。
    品質が劣化する恐れがあります。
  • 品質保持のために「先入れ・先出し販売」を行ってください。
    品質が劣化する恐れがあります。

缶、ペットボトルウォーマーの設置についてのご注意

  • 雨のかかる、高温多湿なところには設置しないでください。
  • 外部からの熱の影響を受けるところには設置しないでください。(オーブン・蒸し器・冷凍ケースから離す。)
  • アース線は下記のものには接続しないでください。
    アースが不完全となり、感電の恐れがあります。
    ガス管・水道管・アンテナ端子・電話端子・避雷針

使用方法

1 餅つき臼返却時の手順STEP1 スイッチ側の扉を開きます。
2 餅つき臼返却時の手順STEP2 整列レールの間隔を調整します。
3 餅つき臼返却時の手順STEP3 飲料をヒーター棚板に全数を入れます。
4 餅つき臼返却時の手順STEP3 スイッチを「入」にします。
あとは全自動で温まります。
【温まるまでの時間】
250ml缶:約2時間
ペットボトル:約2時間40分

安全装置について

【過昇防止装置(復帰ボタン式)】
トレイの上の飲料が少ないと、トレイ温度が「異常にあつく」なることがあります。これを防ぐため、過昇防止装置が働いて電源が切れるようになっています。

【リセットのしかた】
温まらないヒーター棚の「復帰ボタン」を指で押してください。
「復帰ボタン」はサーモホルダーの中央の孔の中にあります。
サーモホルダーは、各ヒーター棚板の下側にあります。

【最下段の「復帰ボタン」を押す場合】
@電源プラグをコンセントから抜きます。
A庫内の飲料を全部取り出します。
B右図のように寝かせ、「復帰ボタン」を押してください。
(ガラスの破損に気をつけてください)

お問合せ、お見積り、予約フォームはこちらから
ご予約前に必ずこちらをクリックしてください。

予約フォームはこちらをクリックご質問・ご相談はお電話で!0120-65-7181電話がつながらない場合は恐れ入りますが、繰り返しお電話下さい。
ホットショーケース・缶、ペットボトルウォーマー・角蒸し器・中華まん蒸し器レンタル